借地権付き建物の増改築について

増改築について

  • 建物の増改築の際は譲渡同様に地主の承諾が必須
  • 借地の期限の延長などに繋がるので承諾してくれない事も

借地権付き建物を所有していると、家族構成や老朽化に伴い「借地権付き建物」の増改築の必要に迫られることがあると思います。

原則的には契約の範囲内であれば自由に増改築を行うことができます。

しかしながら、契約の中で「借地権付き建物の増改築を禁ずる」のような特約が付けられている場合は、借地権の売却・譲渡と同様に地主様の承諾が必ず必要となりますので注意が必要です。

もし、地主様の承諾を得られない場合は、「増改築許可の裁判」にて借地権者様は裁判所に申し立てることが出来ますが、当然裁判ですので正当事由が明確かつ明瞭でないと裁判のいても承諾を得ることも難しいようです。

増改築を承諾してもらえない理由

借地権付き建物の増改築に関しては、それを認めない内容の特約が付いていることがあります。 ではなぜ、地主様はこのような特約をつけるのでしょうか?

理由として、

・増改築によって、底地(土地)の価格に影響が出る可能性がある
・増改築によって、借地権の存続期間が延長される可能性がる

などの理由から、増改築を禁止する特約が付いた契約内容が多いようです。

もし承諾無しに増改築をしてしまった場合

地主様から承諾を得なければならないことを知らずに(又は故意に)増改築をしてしまった場合、最悪のケースとして過去の判例で「借地権契約の解除」という実例もあります。

解除となれば、借地権の明け渡し(返還)請求を地主様からおこなわれることもありますので、増改築の際には最新の注意が必要です。

借地権とは?
借地権とは?

借地権のポイントを解説

借地権の売買や売却・譲渡について
売買や売却・譲渡について

売買時のポイントを解説

借地権付き建物の増改築について
建物の増改築について

増改築時の留意点など

借地権の明け渡し請求について
明け渡し請求について

明け渡し(変換)請求とは?

借地借家法について
借地借家法について

新法と旧法の違いなど

借地権の相続について
相続について

借地権の相続に関する情報

顧問弁護士
元橋弁護士の借地権活用方法

当社の顧問弁護士である元橋(もとはし)弁護士が、専門家からの視点で借地権の活用方法について解説するコラムです。